今週の売れ筋情報 
更新日 2020年10月26日(月曜日)


レディス





●ロングブーツ(スムース)

今年はファッショントレンドでロングブーツが大注目されています。ヤングトレンドだけでなく、大人のエレガンススタイルでもロングブーツが大注目です。まずは、シンプルなプレーンタイプやレースアップのロングから取り入れていきます。チャンキーヒールタイプが中心ですが、ヒールアップの女性らしいエレガンスブーツがオススメです。店頭でしっかり訴求していきましょう。






参考商品  ENESS 39,800円

   



●ロングブーツ(ストレッチ)

一方、ヤングトレンドでは、ストレッチのロングブーツが大ヒットしています。今年のストレッチは、ニーハイなど丈の長さのバリエーションに加え、黒やベージュ、白などのカラーバリエーション、厚底ヒール、厚底船底、ユニットソールなど、様々なソールのバリエーションが登場しています。進化するストレッチを提案していきましょう。






参考商品 Petiem Duras 7,900円






●白のショーツブーツ

今年は白ブーツの当たり年です。ヤング世代から大人世代まで、白やアイボリーなどのライトカラーのショートブーツを合わせる人が非常に増えています。靴店のブーツはまだまだ保守的で黒の提案に集中していますが、デザインやアイテムのよっては、しっかりとトレンドカラーを集積させる必要があります。売り逃しのないようしっかりトレンドを押さえていきましょう。






参考商品 RANDA 9,900円













メンズ

●サイドゴアブーツ


メンズの「大人カジュアル」や「休日カジュアル」では、汎用性の高いブーツが欠かせません。そんな中でも、やはりメンズでは、実績のあるサイドゴアブーツの提案が欠かせません。アメカジの代表レッドウィングでも、ドレスシリーズでサイドゴアが提案が見られます。ここでは、ジャレパンスタイルなど、ビジカジでも取り入れ可能な雰囲気がポイントと言えます。







参考商品 REDWING 49,000円


●チャッカーブーツ

ビジカジ兼用のブーツと言えば、写真のような「チャッカーブーツ」も欠かせません。白のデニムパンツや9分丈などやや短いスラックスとも相性がバツグンです。休日シーンでは、スエードタイプがベストですが、ビジネス対応では、写真のようなスムースがオススメです。お客様の着用シーンに応じて、しっかり提案していきましょう。
参考商品 Oxford and Derby 14,000 







 ●デザインローファー


一方、実績のあるドレスカジュアルでも、今季は差別化アイテムとして、スエードのオックスフォードやローファーを提案していきましょう。そんな中で、メンズでもローファー人気が高まっていますが、売場では商品がややマンネリ化しています。写真のようなデザインローファーを加えて、次世代に向けた新デザインも用意していきましょう。






参考商品  NEWROCK 23,600円



スニーカー


●アウトドアスニーカー



これからの時期は、男女共にアウトドアブランドの高品質スニーカーが大活躍していきます。定番のトレッキングやトレイルランニングタイプも安定した人気ですが、近年はスノーブーツやアウタースポーシューズなど、リラックススニーカーに人気が集中しています。ティンバーランドやノースフエイス、キーン等、安心ブランドの新作をしっかり提案していきましょう。




 
参考商品  Timberland 10,000 




●ブーツスニーカー

また、レディススニーカーでは、写真のようなブーツスニーカーも大注目です。上記のスノーブーツに加え、今年はカジュアルブーツの人気ディテールを、アレンジしたスニーカーも登場しています。中でも、スケッチャーズの新作は手頃な価格帯なので、幅広い世代から人気を集めそうです。




参考商品 SKECHERS 8,500




※ 参考商品は現在販売されている商品や昨年販売された商品で、小売店店頭で取材したものです。


より詳しい情報を知りたい方には「靴の商品情報会員」がお勧めです。

【会員制度の内容】
●靴の売れ筋が分かる「商品情報」を月2回送付
●最新マーケット情報がつかめる実務情報誌「リフレクタを月2回送付」
●年4回の靴専門店セミナーに各1名様を無料でご招待
●次シーズンの各部門の売上予測が出来る「売上傾向予測」を年2回送付
●無料ご相談

↓詳しくはこちらをご覧下さい↓
★靴とバッグ「商品情報会員」について/アジアリング株式会社が運営する会員サービスです









当サイトの情報は転載自由ですが、転載される場合はご一報下さい。

当サイトの情報は転載自由ですが、転載される場合はご一報下さい。
著作権はアジアリング株式会社に帰属します。繁盛塾は当社の商標登録です。

ページはここまで