今週の売れ筋情報 
更新日 2020年11月30日(月曜日)


レディス





●ショートブーツ

ショートブーツでは新しい流れが登場しています。今年のショートブーツは、シンプルでプレーンなデザインはそのまま継続ですが、ソフトスクエアのラスト、デザインヒールなど、デイテールで新しいモードな雰囲気を取り入れます。特に、ソフトスクエアのラストは欠かせないまで、しっかり提案していきましょう。また、写真のような全面パンソン柄のショートブーツも実売となります。






参考商品  VANILLA MOON 15,000円

   



●レースアップブーツ

一方、定番のレースアップブーツですが、今年は客層がより大人化していきます。店頭では、合皮のレースアップは絞り込み、大人向けの本革タイプに絞り込んでいきましょう。本革では、写真の「サヴァサヴァ」は、品質と感覚のバランスが良く、大人世代の安定需要が狙えます。





参考商品 cavacava 19,000円






●お洒落防寒ブーツ


11月も今年は温暖傾向が続きましたが、11月下旬から真冬の気温となってきました。これから、防寒のお洒落スノーブーツを実売にし繋げていきます。写真のシープスキンは進化したデザインで目新しさを提案していきましょう。12月はブーツ商戦最終追い込みとなります。しっかりプロパーで消化していきましょう。





参考商品 MUUM 6,900円













メンズ

●オックスフォード


メンズではオンオフ兼用だ楽しめるトラッド短靴の提案が不可欠です。中でも、オックスフォードとローファーは欠かせません。メンズのオックスフォードは、シンプルなデザインが中心となり、なかなか目新しさを表現できません。そこで、あえて白のオックスフォードを組み合わせて目新しさを演出しましょう。スニーカー感覚で楽しめる点も大きなポイントです。






参考商品 REGAL 27,000円


●オペラシューズ


一方、カジュアル短靴で人気となったオペラシューズですが、今後はオンオフ兼用のビジカジシューズとして格上げさせていきます。そこで、ドレスアレンジされた「プープディドゥ」のロングノーズタイプがオススメです。適度なカジュアル感がとても新しく、人気のジャケパンスタイルにも様になります。

参考商品 whoop-de-doo 18,000 







 ●カジュアルドレス

また、オンオフ兼用のカジュアルドレスは、カジュアルシューズの取り入れだけでなく、カジュアルな雰囲気を演出する素材やディテール使いにも注目です。「リーガル」新作では、ムラ感を強調したアンティークプリントが店頭でも大きなインパクトとなっています。今後は迷彩柄のドレスなど、遊び心のあるプリントレザーも提案していきましょう。









参考商品 REGAL 27,000円



スニーカー


●大人向け厚底スニーカー

ヤングトレンドではしばらくダッドスニーカー人気が続きましたが、その流れは大人スニーカーにも波及しています。大人世代向けでは、これまでのダッドスニーカーとは異なり、定番のクラシックランニング、また定番のクラシックコートのデザインはそのままで、ソールのみ厚底にアレンジされたタイプが◎です。程よいボリューム感が大人世代でも楽しめます。



 
参考商品 TOMMY JEANS 12,000 






●冬のアウトドアスリッポン

この時期は、暖か素材のウィンタースリッポンが大活躍します。元々、登山やキャンプのアフターシューズとして開発されていますが、着脱し易いスリッポンタイプなので、都会のデイリーシーンでも着用する人が多いようです。近所のお出掛けシューズとして靴店でも強化していきましょう。男女お揃のカップル需要も期待できます。







参考商品 MERRELL 8,500




※ 参考商品は現在販売されている商品や昨年販売された商品で、小売店店頭で取材したものです。


より詳しい情報を知りたい方には「靴の商品情報会員」がお勧めです。

【会員制度の内容】
●靴の売れ筋が分かる「商品情報」を月2回送付
●最新マーケット情報がつかめる実務情報誌「リフレクタを月2回送付」
●年4回の靴専門店セミナーに各1名様を無料でご招待
●次シーズンの各部門の売上予測が出来る「売上傾向予測」を年2回送付
●無料ご相談

↓詳しくはこちらをご覧下さい↓
★靴とバッグ「商品情報会員」について/アジアリング株式会社が運営する会員サービスです









当サイトの情報は転載自由ですが、転載される場合はご一報下さい。

当サイトの情報は転載自由ですが、転載される場合はご一報下さい。
著作権はアジアリング株式会社に帰属します。繁盛塾は当社の商標登録です。

ページはここまで