水飼 茂の無料経営相談室


 
靴専門店の店主です。このHPで勉強していますが、中々業績が向上しません。繁盛させる法則とか原則はあるのでしょうか。この頃商いをいつ止めようかなと自信喪失気味です。お知恵をお貸し下さい。(靴専門店店主)2014.3.16



  繁盛する優先順位を守ることです。優先順位の一位は商品構成、これで繁盛させる6割が決まります。二位は接客が3割、残りが店作りです。

  商品構成は初め高額品から入ると、接客が未熟の内は売り残して在庫ロスに悩まされ苦労します。スタートは3,900円未満の品揃え店から初めて、接客力を磨くにつれ、価格を上げて行きます。日常生活品→低価格ファッション品→中価格ファッション品へと、グレード・アップを続け、革靴の比率を上げながら顧客名簿を作り、固定客を増やしながら最終的にはセレクト・ショップを目指します。

  繁盛させるには、商品構成の良し悪しが全てなので、お取引先問屋さんの協力が得られるかどうかが決め手になります。品揃えのあり方や経営手法など、教えていただけるか否かがポイントです。運動靴・スニーカー・ケミカルシューズなど、全てを扱っている総合卸で、面倒見の良い社長さんのご指導を受けるのが理想的でしょう。面倒見が良いとは、支払い面の猶予や返品させてくれる、と言う意味ではありません。経営面や品揃え面でのアドバイスを受けられるかです。支払い条件は、〆後100%現金支払い、返品ナシ、経営数値公開が原則です。「そんなことはとても無理」と仰るなら、問屋さんの応援は得られません。店の経営を諦めて修行に出ることですね。

  接客の基本は、お客様に「感激の涙をこぼさせる」サービスが出来るか否かです。お客様へ新たに靴を売り込むことより、売った後お客様の靴をずーっと覚えいて心配していること。お客様へ幸せを売る店が、お客様から幸せをいただき、繁盛店になれるのです。

  立地は大型商業施設SCの近くの裏通りの路面店か、無ければ今住んでいるお住まいを改装して、住宅地型靴専門店も面白い。お客様が付くまで、毎朝手書きのチラシをポストに入れて歩く、インターネットで店の告知やサービスイベントを開く、出張修理・靴磨きサービスをする。公民館を借りてウォーキング教室や、靴磨き教室を開く。あらゆるイベントを企画して、お客様を引き寄せる努力をして下さい。



相談一覧にもどる



ページはここまで