水飼 茂の無料経営相談室


 素朴な疑問で恥ずかしいのですが、ファッショントレンドはどのような形で決められ、現れるのでしょうか (デビューほやほやの新人販売員) 2010.3.8
 

 別に恥ずかしがる必要はありません。大多数の人は分かっていませんから。
 ファッショントレンドは、長期的(十年単位)に見れば環境がトレンドを支配します。トレンド・セッター(トレンドをリードする人たち)は若者が務めますが、若者たちの間でエコロジーに対する関心が深まり、車に興味の無い人を増やしています。CO2を大量にばら撒く行為を、恥ずかしいと感じているからでしょう。
 ピスト・バイク(街乗り自転車)に凝ったり、服をヴィンテージショップ(古着屋)で求めたりするのは、若者たちはエコを節約ではなく、ファッショントレンドして捉えています。天下のトヨタがそれを理解していない方が余程恥知らずですね。

 中期的(3年~5年)には景況です。それが服のシルエットと、色・素材に現れます。好況時には仕事に困りませんし、給料も沢山いただけますから気分は躁状態です。そこでカジュアル・スポーティブ化が進みます。

 一昨年から昨年前半まで戦後最長の好況と言われていましたから、アルカジ・スポーツの流れが強まり、ユニクロさんや、ABCマートさんが絶好調だったのは、中期的なトレンドに乗せていたからです。

 これから金融不安、派遣切り、給与カットが広まり、深刻な不況に見舞われそうなので気分は鬱状態に陥ります。クラシック・エレガンスの流れが強まるのは、キチンと装わなければ仕事をいただけません。ブリティッシュ・トラッドや、クラシック・エレガンスの好みが強まるでしょう。新卒は勿論のこと、パートさんの就活もTシャツ&ジーンズ姿から、ブラウス&スカートスタイルが増えるでしょう。

 短期的には季節感です。春夏期は暖かくなるので軽装化を進めカジュアルを増やし、秋冬期は寒くなるので、コート、スーツ姿へ代わりエレガンス化を強めます。この組み合わせによって、ファッショントレンドが現れるのです。

 この春夏は不況の深刻化でカジュアルアイテムのエレガンス化を強め、サンダルのヒールタイプを増やすでしょう。秋冬はエレガンスアイテムのエレガンス化を強め、パンプスの高寸化を進めるでしょう。

 ファッショントレンドを探るイメージキャラクターは、好況下はスホーツ系セレブの衣装を参考にします。不況下はJポップス系芸能人の、ステージ衣装からトレンドが現れます。注意して見ているとトレンドが良く分かってとても楽しいですよ。

相談一覧にもどる



ページはここまで