2月5日(日)売上予報
モデルは年商1億円、東日本地域ショッピングセンター内テナント店


 2023年2月5日(日)売上予報
商品部門 売上高(千円) 売上構成
比率(%)
重点度 対前年
レディス パンプス
52
16.9
カジュアル
42
13.3
ブーツ
34
10.8
サンダル
7
2.2.
小計
135
38.0
メンズ ビジネス
43
13.8
カジュアル
26
8.4
ブーツ
24
7.8
サンダル
小計
93
30.0
スニーカー ランニング
9
3.0
コート
26
9.0
アウトドア
15
4.8
モード
9
3.0
ブーツ
10
3.2
小計
64
25.0
その他含む 合 計
313
100.0
売上げアップテクニック


・この頃になると日差しの暖かさを、肌で感じられるようになります。暖かい日はアバンギャルドにロック調厚底スニーカーが売れ始めます。またゴスロリ調けロマンティックパンプスも復活しそうで、いよいよ春の実需期を迎えました。



・この春は久し振りにスニーカー部門が主役に躍り出ます。コロナ禍によって景況が低迷して、スニーカーはクラシック系ランニングが売れ続けています。



・春一番の花丸スニーカーはステイタス性の高いニューバランスで、真っ白にアッパーに真っ白厚底のアスリートが、注目されています。アダルトにニットスニーカーが売れていて、スケッチャーズがお勧めブランドです。シニアにはハテイク・アウトドア系のNB、コロンビア、メレルが相変わらずの人気を呼ぶでしょう。キッズにコート系がイチオシです。暖かさが増すにつれ、レディスとキッズの比率を高め、メンズ50、レディス35、キッズ15がベストバランスです。売場配分を変え、年間最大のスニーカー需要に備えましょう。