2月21日(火)の売上予報
モデルは年商1億円、東日本地域ショッピングセンター内テナント店


 2017年2月21日(火)の売上予報
商品部門 売上高(千円) 売上構成
比率(%)
重点度 対前年
レディス パンプス
43
21.6
カジュアル
32
15.8
ブーツ
12
5.2
サンダル
3
1.3
小計
89
44.0
メンズ ビジネス
25
12.2
カジュアル
14
7.1
ブーツ
3
1.3
サンダル
0
小計
43
20.5
スニーカー ランニング
13
6.5
コート
26
12.7
アウトドア
11
4.8
モード
9
3.9
ブーツ
4
1.9
  
小計
63
30.5
その他含む 合 計
203
100.0
売上げアップテクニック

・最高気温が15度を超えて寒さが和らぐと、春物のカジュアルやスニーカーの売上比率がぐ~んと高まります。

・レディスカジュアルは、ソフト素材の春物ブーツが注目。ライトベージュやライト茶に、レースやパンチングのウェスタンや、ライトグレーのソフト調のワークタイプが売れ筋です。出遅れていたカッターも実需期を迎えました。オペラタイプの黒/パールのメタリックカラーが売れています。

・メンズカジュアルもモードに振ったオペラや、スリップオンが人気継続中。チャッカータイプのデザートやチロリアンも売れ始めました。これからローカットのスリップオンも活発に売れるでしょう。

・スニーカーはこれから4月に掛けて上昇気流です。この春はハイテク人気で、ナイキ、リーボックが絶好調です。他にパンクやスケーター人気で、ハイカットの真っ白が売れています。気温上昇と共にトレイルアウトドアの比率が高まるでしょう。

ページはここまで