4月10日(金)の売上予報
モデルは年商1億円、東日本地域ショッピングセンター内テナント店


 2020年4月10日(金)の売上予報
商品部門 売上高(千円) 売上構成
比率(%)
重点度 対前年
レディス パンプス
38
14.4
カジュアル
75
16.7
ブーツ
0
サンダル
17
6.9
小計
127
48.0
メンズ ビジネス
14
5.3
カジュアル
19
7.3
ブーツ
5
1.9
サンダル
7
2.6
小計
45
17.0
スニーカー ランニング
17
6.9
コート
20
7.3
アウトドア
12
4.6
モード
14
5.3
シューズ
17
6.9
小計
80
31.0
その他含む 合 計
265
100.0
売上げアップテクニック


春休みタウン需要は、GW海外リゾート需要への移行が始まります。中心はアダルト&ファミリー向けの、プチ贅沢組です。

・注目はラウンド・トウのアウトドアカジュアルと、スニーカーライクなスポーツです。見た目に足当たりの良さそうなパンチングメッシュやストレッチ素材物が売れ筋で、メレル、キーン、サロモンなどアウトドアブランドが人気です。レディスはサヤやクラークス、あしながおじさんがパワーブランドとなっています。

・メンズはローカットのレースアップが人気で、フープディドゥ、マドラス、ピコノリスなど定評のあるブランドが売れています。いずれも履き良さをセールスポイントにして、革物高額品を提案して単価アップを図りましょう。

・スニーカーは明日からGWまで、初夏最高の需要期を迎えます。閉店後にパンプスやビジネスなど、靴のエレガンス部門を縮小してスニーカー売場を拡大します。